ゾーンに入る?

Pocket

ただ今日本シリーズ真っ只中ですが、スポーツの場面でたまに耳にするゾーンに入るとはどういう意味かご存知ですか?

わたしも学生時代に野球をしていましたが、ピッチャーで思ったところに確実にコントロールできるとか、5割くらいの確率でヒットにできるとかを少なからず経験したことがあります。(←ちなみに輝かしい成績は一つもありませんが。。)

ゾーンとは、いつもと違い意識していないにもかかわらず、調子がいいとか何かわからないけどうまくいくというような体験。極度に集中力の高まった状態にあることを言うそうです。

人間は外部からストレスを感じると、脳の細胞から自律神経や内分泌に影響を与え体に不調をもたらします。例えば心拍数のリズムの乱れが脳に作用して集中できにくくなるとかです。

簡単に言うと、余計なことにとらわれず周囲のことが全く気にならず、今、目の前のことに集中できている状態です。そこでゾーンに入る方法というか、ゾーンに入りやすくなる方法を一つだけお伝えします。

大事なのは、自分の内側に向けた意識の使い方です。ちょっと分かりにくいですが、多くの人は過去とか未来に意識を向けてしまいがちで、過去の失敗・後悔など一感情に意識を奪われると集中できない(打たれた記憶・試合に負けた記憶など)。また、現実から逃れようと未来へ意識をもって行くと今度は不安・諦めの感情が起こり集中ができません。これらが集中力を妨げる要因です。

つまり、「とらわれ」とは過去の出来事によって作られた思い込みに支配された状態です。

そこで、常日ごろからポジティブな言葉を使うようにします。これだけです。例えば「ついてる」「うまくいってる」「楽しい」「ありがとう」などで、自分が、今、楽しいと思える言葉を使うようにすることです。

言葉はこころの状態に大きく影響しています。ふだん口にしている言葉が、脳にインプットされ行動を決めています。

モーション(行動)はエモーション(心)に先立つ。的なことです。

  • 笑うことで楽しくなる。
  • 空を見ながら泣けない。
  • 背中を伸ばして悲しめない。

などです。このことを実行するだけで、とらわれの意識がうすれて、いざという時の集中力が増す。ということです。すごくシンプルで効果は絶大ですのでぜひ実行してみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です