投球骨折

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

30歳男性。
草野球でボールを投げた瞬間に激痛が走りうずくまったそうです。
↓ 来院時の様子

 

私は子供のころ、野球をやっていたのですが、
一学年上のピッチャーが
試合中にボールを投げた瞬間にうずくまったのです。

大人も子供も何事かと騒然となりました。
そのままその先輩のピッチャーは病院に行くことになりました。

後日、話を聞くとどうやら骨折をしていたそうです。

そのころはどこかにぶつけたわけでもないのに骨って折れるのか??
と思ったのを覚えています。

そして、生涯二人目の投球骨折に出会いました。。

 

上の写真を見る限りではこれで骨折??
なんて思うかもしれませんが、
症状は、患部を触ると激痛。ほんとに激痛です。
そして反対の腕と比べると明らかに太い。腫れています。
また痛くて全く動かせません。

まあ投球骨折で間違いないなぁ。。って感じでした。

↓ レントゲン結果

正面像             側面像

ボッキリです。。

成書には

上腕骨骨幹部骨折

という骨折(二の腕の骨の中央辺りの骨折)の分類の中の、

投球骨折

筋力作用による捻転骨折(投球骨折・腕相撲骨折)が、まれに発生する。
らせん状骨折、斜骨折になりやすい。

とあります。

今回はまさにらせん状骨折です。

これは保存治療での管理が難しいため、オペをするために大きな病院に
行ってもらいました。

この業界に入って15年くらい経ちますが、その中では初めての遭遇でした。
まあ滅多にお目にかかれない骨折の一つです。

骨折は「ぶつけるだけ」が原因ではないのです。

もう一つぶつけなくても折れる有名な骨折がありますが、
それはいい症例が見つかったらまたご紹介します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です