腰痛クイズ⑥(左腰の痛み)

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

30代女性。腰の痛み(特に左側)。
前日に床にある物を持ち上げようとして痛み出現。
前かがみで痛み強く、左側屈でも左腰が痛い。

さてこの痛みの原因はどこでしょうか?

この方の仕事は、デスクワークですが、
来週から転職を控え2週間ほど仕事は休みとのこと。

原因が「床にある物を持ち上げようとして」なので、
こういう場合は何となく関節が原因のことが多い気がするので、

関節を中心にその周りの筋肉を見ていきました。

すると、筋肉には全く反応せずに骨盤を治療したところ、
前かがみでの痛みはなくなりました。
しかし、左側屈の痛みは取りきれませんでした。

痛みの程度がひどかったため、あまり動かし過ぎても
悪化してしまうことがあるので初回はこれで帰ってもらいました。

 

後日、来院してもらうと、だいぶ症状は落ち着いていて
ほとんど痛みはないが、左側屈での痛みだけが残る。とのこと。

腰周辺をいろいろ検査してみても原因が分からずに、
何となく肩を触ってみると、けっこう張ってるなぁ。

「肩こりとかありますか?」と聞いてみると、

「すごい肩こりなんですよ~」とのこと。

そういえば今は仕事していないけど、つい最近まで
デスクワークしてたんだった。。

勝手に、今仕事してないから肩こりはないものと思い込んでしまっていました。

そうと分かれば、肩こりでもっとも原因になりやすいところを攻めて
治療終了。左側屈での痛みはなくなりました。

正解は、骨盤の関節と、肩こり(肩の筋肉)でした。

 

「先入観は悪」

名将 野村克也監督もよく言っていました。。

分からなくなったら、私はもう一度問診をします。
初診と同じことを聞きます。
仕事・趣味・既往歴・処方箋・食事。。何度も聞きます。

そうすると、また新しい気持ちで客観的に診れるようになるからです。

また同じこと聞いてるよ。と思っている方も多いと思いますが。。
ここで先に謝っておきます。
「何度も同じような質問をして申し訳ございません。。」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です