腰痛クイズ⑤

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

50代女性。右膝の外側の痛み。

4か月前から原因不明の痛み。ふだんは痛みなし。
あお向けで膝を立てて内側に倒すと外側が激痛。
あお向けで膝を立てて外側に倒すと外側が少し痛い。正座できない。

さてこの患者さんの痛みの原因はどこでしょうか?

まず足の外側の痛みということで一応見ておくべきところは、腰です。
いわゆる坐骨神経痛ではないか?ということ。

坐骨神経痛とは、腰から足に向かって走る神経が、
腰骨のところで圧迫されたり(ヘルニア・脊椎管狭窄症など)、
お尻の筋肉の下で圧迫されたり(梨状筋症候群)して、
モモの裏や脚の外側に痛みやシビレを訴えるというのが特徴です。

そこで腰が原因かどうかのテストをしたところ陰性でした。

 

この患者さんで気になるのは特定の動きでのみ痛みを訴えていること。
あお向けで膝を立てて、内側・外側に倒す動きは。。股関節です。

つまり股関節の動きに関係する筋肉を狙えばいいのかな~って感じ。

そこでお腹の下にあって股関節の動きに関係する
大腰筋腸骨筋をゆるめると痛みはなくなりました。

 

試しに痛みの出ている場所である、膝の周りの筋肉や膝関節自体の調整を行いましたが痛みは変わらず。
(モモの裏にあるハムストリングスの外側の筋肉をゆるめると少しだけ痛みが引きましたが。)

このことからも、やみくもに痛みのある場所をいじっても意味がない。(もちろん膝自体に原因があることもありますよ)ということが再確認できました。

今回の膝の外側の痛みの原因は股関節。が正解でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です