口内炎

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

顔がぼこぼこになって、次に起こったことは。

汚い画像で申し訳ございませんが。。

そうです。口内炎です。

そこで今回は口内炎について。。

口内炎とは

口の粘膜に起こる痛みをともなう炎症のこと。
一般的なものは放っておいても1~2週間で自然治癒します。

口内炎の原因は

  1. ストレス・疲れ・睡眠不足
    免疫力の低下によりビタミンB群の消費が増えることによる
  2. ビタミンB不足
    ビタミンB群が口腔などの粘膜の健康に大きく関与しているため
  3. 機械的な刺激
    口の中を嚙んでしまって傷をつけてしまうことによるため
  4. 細菌・ウイルスの感染
    口の中が汚いと菌が増えてしまうため
  5. 口内の乾燥
    加齢やドライマウスにより抗菌の働きをする唾液が減るため感染を助長
  6. 病気
    風邪などの発熱や抗生物質の服用はビタミンB群を消費する
    べーチェット病・白血病・バセドウ病・潰瘍性大腸炎・ガン・糖尿病

オーソドックスなものは疲れからくる免疫力低下によるビタミンB不足と、
口の中を噛んでしまって細菌が感染してしまった場合の2パターンです。

口内炎になってしまったら

  • 殺菌する
    イソジンでうがい
    はちみつ(マヌカハニー)を塗って消毒
  • 消炎剤を塗る・飲む
    ケナログ軟膏(ステロイド剤)
    口内炎パッチ大正A(ステロイド剤)
    トラフル軟膏(非ステロイド剤)
  • ビタミンB群を摂る
    チョコラBB(ビタミンB2・B6・C)

一応言っておきますが、
一般的な口内炎は放っておいても自然治癒するものですから、
放っておいても一向にかまいませんので。。

今まで口内炎に薬なんて使ったことなかったのですが、
今回はせっかく調べたので買ってみました。

今は顔のしっしんに弱いステロイド剤を塗っているので、
チョコラBBなどのビタミン剤を試そうと思ったのですが。。

↓ 私の周りで一番評判の良かったケナログにしてみました。

 

軟膏タイプで口内炎の上に塗るので、しみたりしないのでいい。
いつもは1週間以上かかるのが、塗り始めて5日で治りました。

そんな感想です。
気になってイライラするくらいなら、使ってもいいかなぁって思いました。

口内炎にならないために(予防法)

  • 口の中を清潔にしておく
  • 疲れを残さない・ストレスを溜めない
  • バランスのいい食事を心掛ける
    ビタミンB2  牛・豚・鶏のレバー・うなぎ・海藻・青魚・納豆・乳製品
    ビタミンB6  大豆・ニンニク・バナナ・鶏のささ身、レバー・マグロ・カツオ

口内炎を甘く見ない

  • 2週間しても痛みが治まらない・ひどくなる
  • 発熱・倦怠感をともなう

これらの症状がある場合は口内炎だからと言って甘く見ないで
医療機関を受診することをおすすめします。
また、舌にできたものは舌癌の可能性がゼロではないので注意。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です