私の花粉症の治し方(スイマグ)②

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

前回の花粉症の話で出てきたスイマグについての補足です。

私がこの商品を知ったのは、「西式健康法」を世の中に広めた、甲田光雄先生の本を読んだのがきっかけです。

この「西式健康法」を語りだすとそれはそれは長くなってしまうので、
ここでは簡単に説明します。

「西式健康法」は現代医学よりも何十年も前から
食事と腸の関係の重要性を説いており、
書店をのぞいてみて、断食・小食・病気と腸の関係について書いてある本の
元ネタのほぼすべてはこの「西式健康法」から派生していると言えるぐらい
有名なものです。

内容は

  • 食事は腹7分目
  • 朝食抜き
  • 水か柿の葉茶を飲む
  • 便秘(宿便)があらゆる病気の原因になる
  • 断食のすすめ

ちょっと内容が過激かつ反論も多く出そうなので、ここでは紹介にとどめます。

が、アレルギーに対しては断食・小食で腸をきれいにすることで
免疫力が高まり予防につながる。
という考えです。

これらのことから 便秘解消 = 花粉症改善 の実験をしたというわけです。

ただ、今までいろいろと便秘解消のために試行錯誤してきたが、
どれもうまくいかなかったため、
とりあえず強制的に出そう。でも薬は使いたくないな。。

そこで「西式健康法」の中で紹介されていたスイマグを使うことにしたというわけです。

これは有効成分が水酸化マグネシウムで、これが大腸内に運ばれると浸透圧を利用して大腸内に水分を集める働きがあり、集めた水分を便が吸収することで柔らかくなり排便がスムーズになるという効果があります。

そしてこれはほぼ副作用がないという利点があります。
妊婦さんでも服用ができるそうです。
また常習性もないそうです。
私も花粉の季節以外は服用していませんが、またいつもの便秘に戻るだけでした。。
ただし、腎臓病(腎不全)の人だけ注意が必要だそうです。

なので市販の便秘薬を飲むくらいなら、私は断然スイマグをおすすめします。
便秘の方一度試してみる価値ありですよ。
↓ 発売元の三保製薬研究所のホームページです。

http://www.mihoseiyaku.co.jp/index.html#2

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です