ヒスタミンについて。

Pocket

”ブログを見ていただいてありがとうございます。
今回もあなたの健康のヒントになる情報をお伝えしていきます。”

私事ですが、数日前から顔がぼこぼこでかゆいんです。

ちょっと分かりにくいかもしれないですが、肌がボコボコです。
そして少し赤みを帯びていてかゆいのです。

3日前に気づいて、いつも風呂上りにニベアを付けているのを
止めてみたのですが、徐々にひどくなってきました。。

以前同じように顔に湿疹ができてかゆみがあって悩んでいた
看護師さんに聞いてみたところ、
ストレスとか疲れからくる自律神経の乱れと言われて
とにかくよく寝て疲れを取りなさいとのことで
薬を飲んでそのうち落ち着いたらしいです。

内科のドクターに聞くと、
「原因は分からないけど顔に塗っても安全なステロイド出そうか?」
とのことだったので、
ひとまず様子を見てみることにしました。

そこで今回はかゆみに関する情報をお伝えします。

原因として考えられるものとしては、

  1. 乾燥
  2. 虫・植物
  3. 食品
  4. 化学物質・金属

1~2は別にして3~4のメカニズムは、
アレルギーに関することのため少しだけ説明したいと思います。

アレルギー反応とは

特定な物質にアレルギーを持つ場合、
例えば食品のエビなど、
通常は無害な物質を、身体に有害なものと認識してしまいます。

アレルゲン物質(エビ)が体内に侵入すると、
かゆみ成分のヒスタミンを分泌し、
そのヒスタミンが血液に乗って全身へ送られ身体のいたるところが
かゆくなってしまうのです。

つまりこのヒスタミンの分泌を抑えることでかゆみを予防できるのです。

そしてこのヒスタミン。いろいろな食品に含まれているのです。

ヒスタミンを多く含む食品

●肉    豚肉・牛肉・ソーセージ・サラミ
●魚介   サバ・マグロ・いわし・サケ・タラ・サンマ・カニ・イカ・エビ
●野菜   トマト・ナス・ほうれん草・たけのこ
●その他  ビール・ワイン・コーヒー・ココア・チョコレート・ナッツ・そば

これらは基本的にアレルギーを引き起こす恐れのある食品群です。

ヒスタミンを含んでいる食品があるってことはその働きを抑える食品もあるのでは?
と、調べてみるとやはりありました。

ヒスタミンを抑える食品

●野菜   ブロッコリー・小松菜・キャベツ・きのこ
●果物   イチゴ・レモン・オレンジ・ぶどう・ブルーベリー
●その他  納豆・ヨーグルト・紅茶・緑茶・海藻

 

そしていくつかのエピソードを思い出しました。

息子が少しアトピー体質なのですが、
大好きな焼き肉に行った後、異常にかゆがったことが2回続けてあったのです。
それ以来ほとんど焼き肉に行かなくなったのです。
これはヒスタミンを多く含んでいる牛肉が原因だったのかも。。

また、私の花粉症。ビールを飲むと鼻水が異常に出るのです。
他のお酒ではこの症状は起こらないのでいつも不思議に思っていました。
お酒を飲むと血液の循環が良くなるので粘膜がうっ血して症状がひどくなる
と言う人がいますが、私の場合はビール限定のため違うなと思っていたのですが。
これもヒスタミンを多く含んでいるビールが原因だったのかも。。

また、最初に相談した顔に湿疹ができた看護師さんも症状がひどい時にアレルギー検査をしたそうなんです。そしたら豚肉が陽性だったそうです。
ちょうどそのころ韓国にはまっていてサムギョプサルなどの豚肉料理を多く食べていたそうです。
これもヒスタミンを多く含んでいる豚肉が原因の一つだったのかも。。

こう考えてくると、
ヒスタミンを多く含んでいる食品は知っていて損はないと思います。

そして日ごろからどんな食事をしているのかを気に留めておくことが大事だと思います。そして調子が悪い時に毎日の食事を思い返してみることで、案外簡単に治る糸口に気づくことができるかもしれませんよ。

私の今回の顔の湿疹についても原因が分かり次第またご報告いたします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です